おやつクラシック

oyatsuclas.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

スパイス効かせて

今朝の朝食は
トースト
アサリのチャウダーのアサリ抜き!
実は・・・買ってきた缶入りアサリが、なんと「味つき」だったのです。ショック!
酒のつまみ買ってきてどうすんの??って感じですね・・・。

ベーコン、たまねぎ、にんじんをバターで炒めて
牛乳と生クリームを入れてコトコト温めて。
塩コショウで味付けして「完成!」

ふと横を見たら小麦粉が!!あっ!炒めるときに入れるの忘れてた・・・。
知らん振りして、出来上がったスープにこっそり入れましたよ。
粉っぽくなりませんように・・・・。
ミルクと生クリームが証拠をなんとか隠匿してくれました。

でも、出来上がったスープは、やっぱり何か物足りない。
やっぱり、主張のある具が欲しかったよ・・・・。e0093421_16115562.jpg

今日のトーストは、一ひねりしてみました!
秘密兵器登場!!
スパイス「クミン」なのだ。
クミンはとてもスパイシーなスパイス。カレースパイスに欠かせないものです。
そんなクミンをバターを塗ったトーストに振りかけて、とろけるチーズをのせてオーブンへ。
たった5分でプチ・インドのトースト出来上がり。


今日はスパイスの効いた一曲を紹介。
エルガー作曲
序曲「南国にて」
A.ディヴィス指揮 BBC交響楽団


このCDの演奏家達にとって、エルガー作品は、幾度となく演奏している十八番。
定番店の料理人たちが、定番メニューを手さばき鮮やかにつくっているみたい。
出来上がった品は、胃もたれしないすっきり風味です。

e0093421_16112976.jpg実はこの曲を初めて聴いたとき、作曲家をだまされました。
冒頭のホルンの活躍は「英雄の生涯」みたい。
「アルプス交響曲」みたいな雄大なスケールを感じさせるホルン。
「プルリッ!」とグリッサンドするホルンは「薔薇の騎士」みたい。
きっとR.シュトラウスの曲なんだと思ったら、エニグマ変奏曲で聴いたようなサウンドが!?
ひょっとして「エルガー」が作ったの??とここで正解。


「R.シュトラウスというスパイス」がたっぷり効いた1曲です。

この曲はエルガーが北西イタリアに旅行したときに作った曲。
アルプス山脈も見えたことでしょう。
だからホルンを使いたかったのかな?
私が初めて聴いたのは、真っ青に晴れた秋の空の太陽の下でのドライブ中のこと。
秋の晴れた高い空にぴったりでした。イタリアの太陽のエッセンスがしみこんでいる曲だからでしょうかね。

でも、この曲だったら、ウィーンフィルのホルンで聴いてみたいなあ。
きっとスパイス大盛りでしょうね。
[PR]
by euphopia | 2006-10-01 16:13 | 管弦楽曲
line

おせんべい食べるように気ままにクラシック


by euphopia
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31