おやつクラシック

oyatsuclas.exblog.jp ブログトップ

じめじめした季節の特効薬

気温も湿度が高く、じめじめした日が続いています。
仕事帰りにコンビニで涼んで帰ろうと立ち寄り、書棚で見つけたのがこれ。e0093421_10343100.jpg
「BE-PAL 7月号」。楽しげな表紙に誘われて買ってしまいました。

その中で出ていたのが環境浄化微生物「えひめAI」のつくりかた。
「えひめAI」は消臭効果があり川の浄化にも使われる微生物とのこと。
材料は
 ① 納豆(1粒!)
 ② ヨーグルト25g
 ③ ドライイースト2g
 ④ 白砂糖25g
 ⑤ 水道水450ml
作り方は
 材料を全部ミキサーにかけて、500mlペットボトルに入れ、ふたをゆるめにして
 直射日光の下に1週間置く。
 で、なめてすっぱくなったら完成!2~10倍に薄めて使いましょうとのこと。
 でも、これを「なめて味見」するにはちょっと勇気がいるなぁ・・・。
台所の流し台のぬめりを取ったり、便器の消臭などに使えるそうですよ。
これからの季節、試してみたい逸品であります。

今日は、そんなじめじめした夏にスカッとする1曲
 チャイコフスキー作曲 交響曲第5番
 エリアフインバル指揮 フランクフルト放送交響楽団


この演奏は、ホルン奏者、ノイネッカーが大爆発しています。
e0093421_10104522.jpg聴き所は、2楽章のソロではなく、第4楽章。
大編成のオーケストラの中からでも、はっきりと浮かび上がるホルンの音。
ホルンのパートってこんな動きしてたっけ??という発見の連続です。
「この道はわしのもんじゃい!」と言わんばかりの「割り込み運転」のように、曲のいたるところに顔を出します。存在感ありすぎ・・・。
細かい刻みの音符は機関銃の乱射のよう。
最後のファンファーレもトランペットより目立ちまくります。
「私のショー聴いてくれてありがとよ!」といった感じです。
以上でチャイコフスキーのホルン狂想曲?おしまいおしまい。

あ、このノイネッカー、女流奏者ですので。念のため
昨日テレビで「ジャガー横田」を見て、このCDを思い出しました。
皆さんもノイネッカーのホルンの熱いビンタでスカッとしてくださいませ。
[PR]
# by euphopia | 2006-06-18 10:16 | 交響曲

自然の恵み

「山菜とったよー」
職場のメンバーが山菜をたくさんとって職場にもってきてくれました。
それをつまみに一杯やろうということになりました。
あいこ、こごみなどをおひたしにして醤油でたべる。
でも一番の美味は「やまうど」
皮をむいて、生のまま根元の白い部分を食べるのです。

肉厚のやまうどに「味噌マヨネーズ」をつけてがぶり・・・・。
みずみずしく、くせの少ない上品でふくよかな香りが口の中に広がります。
山道で湧き水を口にしたようなみずみずしさが体中を駆けめぐる。
いやぁ~おいしいですよ。発見、発見。

でも山菜名人いわく、一番の贅沢は「山に味噌マヨもってってその場でガブリ」だそうです。

昨日は、祖父の畑を訪れてイチゴを摘んで食べました。これまたうまいこと。
きゅうりも取ってきました。きゅうりの表面のイボイボには、小さいトゲが生えていたんですね。
お店で買って食べてては気づかないことです。
このきゅうりも家に持ち帰って、マヨネーズでがぶり。青臭くなく豊かな甘みがたまりません。
自然の恵みを味わった週末でした。

e0093421_8123897.jpg今日は四季の恵みに感謝して
ヴィヴァルディ作曲 協奏曲集「四季」
カラヤン指揮 ウィーンフィルハーモニー
アンネ・ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)

ムターが21歳の時の美しい録音です。

これは、四季の12曲の合間に「折々のうた」でおなじみの詩人 大岡信氏が選んだ日本の名詩の朗読がついてるCD。
読み手の壇ふみ、森繁久彌が、谷川俊太郎らの美しい詩と美しい音楽との素敵な出会いをつくってくれました。
[PR]
# by euphopia | 2006-06-11 08:15 | 協奏曲

峠道で聴いてみる

昨日は、とても天気がよかったので高原に行ってきました。
行く途中の道はヘアピンカーブの連続。
夜になると走り屋さんたちが、夜な夜な勝負をかけているところです。

直線でアクセルを踏み込めば、気持ちよく鳴ってくれるエンジン音。
木々の緑の美しさも手伝って、爽やかで気持ちいい!
ついついスピードも出てしまいます。

そんな時に聴きたい1曲
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番
エフゲニー・キーシン(ピアノ)

ハンガリー舞曲は「ピアノ連弾」の作品で有名ですが、これは
キーシンが一人で弾きまくる名演!

e0093421_1312364.jpgキーシンの演奏は、まるで峠道でのドライブのよう。
状況に応じた見事なシフトチェンジ。
ギアを一段落としたかと思えば、見事な加速で駆け抜ける。
細かい音符でのアッチェレランドの音もなんときれいなこと。
いいエンジン音で坂道を加速しながら駆け上がるようです。
そしてスピードを落とすことなく、急カーブもきれいに回る。

峠道に突然現れて、美しくエレガントに、異次元的な走りのテクニックで駆け去ったなぞの赤いクーペ・・・・。
このCDはそんな演奏ですよ。

変幻自在なこのCDを聴きながら運転すると、もう気分は天才ドライバー。
スピードの出しすぎにご注意くださいませ。
[PR]
# by euphopia | 2006-06-04 13:10 | 器楽曲

シャツ姿で雪上散策!

山形県の月山(がっさん)に行ってきました。
月山は山形県のほぼ中央にある山で「夏スキー」で有名な場所です。
Tシャツでスキーできるんです。
(冬は雪が多すぎてスキー場が閉鎖されます)

今日の目的は、新緑のブナ林をあるくこと
ふもとのネイチャーセンターは県外ナンバーの車でいっぱい!!
雪上ブーツに履き替えていざ出発。
林は一面の雪、まだ1メートル以上の積雪です。
e0093421_1031684.jpg
普段は笹薮が生い茂っていて、こんな風に林を自由に歩き回ることはできないそうです。
そんな笹藪も今はまだ厚い雪の下。自由な散策をじゃまするものはありません。
ブナの葉は目にまぶしいほどの新緑!
空は青空、そして地面は一面の雪原。
今の季節しか楽しめない、特別の贅沢です。

e0093421_1011495.jpg
木の幹の周りって最初に雪が消えるんですね。知りませんでした。

時々雪解け水の渓流の音が聞こえます。
渓流の上は雪が薄くなっていたり、雪が落ちてぽっかりと穴が開いていたり・・・。
水の流れが聞こえたら注意が必要です。

雪原で聞こえるのは、ブナの葉の音と渓流の水の音だけ。
でも、目と耳から入ってくる新鮮な情報と、体中を駆けめぐるおいしい空気で、
体は十分に満たされました。音楽が要らない瞬間でした。

そんな自然を思い出しながら聴いている1枚
北の調べ~フィンランドピアノ名曲集
館野泉(ピアノ)

e0093421_10505741.jpgメリカント、メラルティン、パルムグレン・・・・。初めて聞く名前の作曲家が並んでいます。
でも、そんな彼らの小品集から聞こえてくるのはまぎれもなく「北欧」。
雪景色が日常風景・・・そんな彼らが作曲した親しみやすい小品集は自然の風景にぴったり。

おすすめは、メリカントが作曲した「ゆるやかなワルツ」。一度耳にしたら、すぐ♪ラララ~と口ずさみたくなるようなメロディーです。
なんて思っていたら、来年の今頃、また雪上散策に行きたくなりました。
[PR]
# by euphopia | 2006-05-28 10:55 | 器楽曲

♪ちょっこれ・い・と

先日、仕事で東京に行ってきました。
仕事を終え、東京駅の近くをぶらぶら歩いていて見つけたのがこれ!

e0093421_0384558.jpg

明治製菓のショーウィンドウ
明治ミルクチョコレートが誕生してから今年で80周年になるんです。

明治製菓のホームページで「ミルクチョコレートヒストリー」を見つけました!
1926年に誕生したミルクチョコレート。けれど、戦争で時局がひっ迫したため、昭和17年にその製造が中止されました。
再度発売されたのはそれから9年後。昭和26年のことだそうです。
「明治ミルクチョコレート」は戦後初の国産チョコレートとなりました。

戦後しばらくは国産のチョコレートがなかったんですね。
占領下の日本のチョコレートの歴史の空白期間は、きっとアメリカからの輸入品が埋めていたのでしょう。
だから、今日はアメリカのクラシックを紹介。

コープランド作曲 バレエ「ロデオ」より、4つのダンスエピソード
マイケル・ティルソン・トーマス指揮 サンフランシスコ交響楽団
アルバム「ザ・ポピュラリスト コープランド三大バレエ組曲」のなかの一曲です。
e0093421_0571592.jpg
この演奏、とにかくリズムが冴えてる!
ここだっ!っていうときに、大編成のオーケストラがびしっと決まる!
ゲームセンターの「もぐらたたき」ゲームで、スパッ!と叩けたときの快感に似た快楽が味わえます。もぐらたたきの名人芸を見てる感じですね。


同じCDに入っている「ビリー・ザ・キッド」と「アパラチアの春」も気持ちいい演奏。
どこを切っても切れのいいリズムがあふれてくる!こりゃ、いいCD です。
[PR]
# by euphopia | 2006-05-27 01:04 | 管弦楽曲

GW特集2:ハワイ○○○で見つけたシンデレラのサンダル!?

ゴールデンウィークは福島県のスパリゾート・ハワイアンズに行って来ました。
当然のごとく朝からめちゃ混み。
流れるプールはバタ足すらできず、立ったまま流される状態。
プールで歩くリハビリのような感じでした。あぁ、歩いた歩いた・・・・。

で、スパリゾートの売店で見つけたの優れものがこれ。
e0093421_1134417.jpg
クロックス社製のサンダル。持ってみたらとにかく軽い!
試しに履いてみたら「足が楽!」
さらりとした特殊な軽い樹脂素材が、足にやさしいって感じです。

健康サンダルは、疲れをとってくれるサンダル。
このサンダルは、疲れないサンダルです。
ストラップがついているから、脱げないので、ビーチでがんがん遊ぶ人にもおすすめですが、
立ち仕事をする人の室内履きとして売れているのも納得です。
私は室内履きとして買ってきました。
クロックスのホームページを見ながら、別デザインの2足目を物色中です。

e0093421_11435581.jpgゴールデンウィーク明けは急に仕事が忙しくなり、その日のうちに帰宅できない
日々が続いています。そんな自分への応援歌。
 プロコフィエフ作曲 バレエ音楽「シンデレラ」
 アンドレ・プレヴィン指揮 ロンドン交響楽団

  
最近買ってきた「聴いてて安心の名コンビ」のCDです。同じプロコフィエフ作曲のバレエ音楽「ロメオとジュリエット」とセットになってて、4枚組み1800円と格安!
夜中12時までには帰宅して、シンデレラの靴ならぬ、クロックスのサンダルを履いて、のんびり聴きたいなと思っています。
[PR]
# by euphopia | 2006-05-13 11:47 | 管弦楽曲

GW特集1

今年のゴールデンウィークは福島県を横断してきました。
いわき~裏磐梯~喜多方、一泊二日の車の旅でした。
これからしばらくは、旅先で見つけたものとクラシックとを、半ば強引に(笑)結びつけて紹介します。

e0093421_9265515.jpg

喜多方は蔵のまち。通りには蔵座敷を利用した店が軒を連ねています。
小原酒造という酒蔵もそんな蔵座敷のお店のひとつ。
そこで造られている酒「蔵粋(くらしっく)」は、もろみのときにクラシック音楽を聴かせて
発酵させてつくったお酒
です。音楽を着させることで雑味のないお酒になるそうです。

CMでのキャッチコピーは、モーツァルト作曲 純米吟醸管弦楽「蔵粋(くらしっく)」

今日は酒蔵で流してみたい音楽
テレマン作曲 無伴奏フルートのための12のファンタジー
有田正広(フラウト・トラヴェルソ)

e0093421_9324371.jpg無伴奏で奏でられるフルートは、酒蔵の凛とした朝の空気にふさわしい。
木製のフルート「フラウト・トラヴェルソ」に息を吹き込むことで、音とお酒の樽とが共鳴し合うようです。金属製の現代のフルートじゃこうはいかないかも。

この曲は、酵母の発酵を積極的にうながす音楽ではなくて、どちらかというと、酵母が自然に発酵する姿を側で静かに見守るような音楽です。
そんな、音楽を聴いてできたお酒は、きっと、素朴な味わいになることでしょう。

蔵を描いたドキュメンタリー映画のBGMにもぴったり。
吟醸酒をじっくり楽しむときも、味をじゃましない素敵な音楽になると思いますよ。
[PR]
# by euphopia | 2006-05-05 09:34 | 器楽曲

ドコモかしこもスッピン勝負!

4月26日の朝刊に出てた全面広告。
ドコモの新しい携帯電話「SIMPURE(シンピュア)」。
シンピュアとはシンプルとピュアを合わせた言葉です。
広告もシンプル&ピュア。

商品のキャッチコピーが「ケータイも、すっぴんに。」


e0093421_2153119.jpg
で、肝心の携帯は・・・
色使いが白の「i-pod」を携帯電話にしたみたい!
アップルのマークをつけても売れそうですよ。これは。

今日は「すっぴん」で思い出した1枚
サリーガーデン ~イギリスの愛の歌~
波多野睦美(メゾソプラノ) つのだたかし(リュート) 他

古楽器の伴奏による歌声のCDです。

このCDの何がすっぴんなのかというと・・・
波多野睦美さんの声!声がすっぴんなんです。
極上のすっぴんの声なんですよ。ノンビブラートの。

メゾソプラノのやわらかい声質、そして何より歌い方がとても自然。
しっとりとした透明感のある声。化粧をおとした「素肌美人の声」です。
自然に、まるで極上の木綿糸をつむぐように、声が、言葉が、メロディーがつむぎだされます。

波多野さんの声は、まるでお風呂上がりのすっぴんの顔につける最高の天然化粧水のように、体にすっと馴染みます。それに、お風呂上がりのときのような安らいだ気持ちになれて、癒し効果もあり。ぜひお試しください。
以上、euphopiaからの素敵な化粧品のお知らせでした。

さっそく聴こうかなと棚を探したら・・・あっ!!ない!!あっ!友達に貸したままだった!
すごく残念。ジャケットもスキャンできないし・・・。

今日はネットで見つけたジャケット写真をお借りします。
e0093421_28397.jpg


お風呂あがりに「すっぴん」で聴いてね。
[PR]
# by euphopia | 2006-04-28 02:20 | 声楽・オペラ

カレンダーめくり

我が家のリビングのカレンダー。
イラストレーターの市原淳さんが描いた「ダイハツ」のカレンダー
職場に届いたものをいただいたものなんですが、イラストがいい感じで、毎月めくるのが楽しみ。
デジカメでカレンダーの撮影にトライしたけど、うまく撮れず掲載を断念。
代わりにポストカードで。こんな感じのかわいいキャラクターたちです。
e0093421_3462313.jpg
e0093421_3464251.jpg


今日はカレンダーのように「四季」の移り変わりを感じられる1曲。
グラズノフ作曲 バレエ音楽「四季」
ヤルヴィ指揮 スコティッシュ・ナショナル管弦楽団


e0093421_4161559.jpgロシアの自然の情景を擬人化した、表情豊かなバレエ音楽です。
冬の夜空の星の瞬きと、吹きすさぶ寒風を感じさせる小さな序奏。
つづいて、最初に訪れる季節はなんと「冬」!
そう、この「四季」は冬→春→夏→秋の順序なんです。
「冬」の情景の「氷」「あられ」はファンタジックで、まるで冬の妖精があらわれたみたい。
続いて「春」。フルートによる小鳥のさえずりと暖かい春風、そして草花たち。
まぶしい太陽、そしてその太陽の恵みで青々と育った植物の緑が目にまぶしい「夏」。

曲のクライマックスは「秋」!ロシアでは1年のクライマックスは秋なんでしょうね。
村じゅうみんなで収穫をお祝いしているような、陽気でにぎやかなお祭りムード!
時々現れる冬・春・夏のメロディーのモチーフ。収穫までの1年を振り返っているようです。
叙情的なアダージョを挟んで、ふたたび華やかな祭りで曲は華やかに終わります。

わずか40分弱で駆けめぐる、鮮やかな色彩感と抒情性にあふれた1年間です。
わたしにとって「四季」といえば、ヴィヴァルディよりもグラズノフです。

《追記》
カレンダー画像アップしてみました。車の運転をイメージさせるデザインになっています。e0093421_6162641.jpg
[PR]
# by euphopia | 2006-04-24 04:17 | 管弦楽曲

演奏会の空気

週末、久しぶりに演奏会のステージに乗ってきました。
今回は「ブリティッシュ・ブラスバンド」の演奏会です。
ブリティッシュ・ブラスバンドとは、金管楽器と打楽器のみの編成による
英国発祥の演奏スタイルです。
金管楽器も、バリトンホーン、テナーホルン等のサクソルン族を中心に編成されています。
同属楽器だから、音色のブレンド感と音色のグラデーションが見事!
純正調のオルガンのような響きがたまりません。
曲の最後の和音が会場全体に響き渡り、その後降り注ぐ雨のような拍手と観客の反応・・・・。
くせになる瞬間です。

今回は、演奏会会場の空気が感じられる1枚を紹介。
キャスリーン・バトル・アット・カーネギーホール
    キャスリーン・バトル(ソプラノ)

e0093421_538428.jpgカーネギーホール100周年を記念して開催された数々の演奏会のなかの一つです。
有名なオンブラ・マイフから黒人霊歌まで、バトルの魅力が存分に楽しめます。
そして、リサイタルの素敵な空気が感じられる。これがまたいい!
リサイタルの最中、バトルが女性黒人歌手の先駆者「マリアン・アンダースン」を紹介し終えたとき、そしてアンコールへの観客の反応・・・・。
「その場に居たかったなぁ」と思うような幸せな時間が感じられる1枚です。

演奏会は生もの。そこでしか味わえない「旬な時間」の魅力は格別ですね。
[PR]
# by euphopia | 2006-04-20 05:43 | 声楽・オペラ
line

おせんべい食べるように気ままにクラシック


by euphopia
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31